バラ色の人生

バラ色の人生

エディット・ピアフのナンバーで有名なシャンソン。
幸せな甘い香りに包まれるような歌。

この歌のイメージ通りの色をしている写真のバラは
散歩で良く通るご近所のもの。
毎年美しい花を沢山咲かせているお宅。
年配のご夫婦が仲良く手入れをされている。
梅雨の時期の雨上がりなどはひときわ甘い香りが立ち込める。
優雅で可憐で華やかで美しくて…
前を通り過ぎるだけで幸せオーラが香りと一緒にすーっと身体に入って来るようだ。
たからついついこのお宅の前を通りたくなるのは
私だけではないと思う。

また明日も通りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白い恋人たち

白い恋人たち

一年中で一番寒い今頃の季節に
凛とした姿と甘い香りで心を癒してくれる水仙が私は大好きで
玄関、リビング、キッチンにトイレと家中に置いて楽しんでいる。
昨日歌った「白い恋人たち」にとっても似合いそうな気がする。
花言葉はうぬぼれ、自己愛、神秘。
ギリシャ神話に由来するらしいと聞くとなおさら
気品を感じてしまう。
素敵な香りには鎮静作用があり
心を穏やかにするそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙

ジャック・ブレルの「涙」というシャンソンの歌詞に

冷たい冬の日に 耐えて生きて来た
可憐な花の上を 人は踏んでいく

という部分がある。
いつも衝撃的な歌詞だと思いながら歌うところ…
この写真は春先に撮った道端のスミレだけどこの花にも可憐さと逞しさがあると思う。


さてクリスマスライブのお知らせです♪
12月15日(水)
18時半〜
自由が丘ラマンダ
愛のウタをたくさん歌います。

是非お出かけ下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あじさい娘

あじさい娘

曲のタイトルにお花の名前が入ったウタは
結構たくさんありますよね。
あじさい娘
も、その中の一曲。
明るい3拍子でかわいらしく
聞いても歌っても元気が出るウタです!
季節にぴったりだったので
今月のグループ・レッスンの課題曲として
みなさんで楽しく歌ってみました(*^o^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花束

花束

シャガールの描く妻のベラが花束を抱えて飛んでいる。
そんな様子を歌った「美しい日々」
和製シャンソン?だけれど
大好きなウタ。
ベラは何色の何の花束を持っていたんだっけ?
と急に思って確かめると…
黄色い花がこちら向きで目立っている感じ。
希望、自由、喜び
愛よよみがえれ、互いを忘れない
そして
移り気…
ふたりを歌ったこの曲にふさわしい花言葉が並ぶ。
意味深で素敵。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カモミールにリンクするウタ

カモミールにリンクするウタ

庭先の小さな花の横で
静かに佇む君
眩しそうに青空見上げて
いつの頃を想い出してるの?
君の目は青く澄んだ海のように
真っ直ぐなまなざしで私を見る
忘れてたものがよみがえる君の瞳の奥深く
君といるだけで時は穏やかに過ぎる

愛猫に寄せて数年前に作った私のオリジナル曲
『mokona』
シャンソンではないけれど
心を穏やかにするカモミールの効用にぴったりと当てはまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カモミール

カモミール

初夏の光を受けて咲き始めたカモミールの花。
光の方へ花弁を向けて伸びる姿は
逞しいというよりも可憐という言葉がぴったりするたたずまい。
また安眠などのリラックス効果のある薬草というだけあって
見ているだけでも何だか幸せで安心、心が穏やかになる。
マトリカリアとの属名を持っているそうで
これは婦人病の薬として用いられたことに由来しているらしいから
女性の私としては何かしら縁を感じてしまう花だ。
しかもヨーロッパで最も歴史のある民間薬で
四千年以上前にすでにバビロニアで
薬草として用いられていた…などと知ると
シャンソン(ウタ)・セラピーの花の中に仲間入りするべき花だと
直感が確信へ変わっていくのを感じる。

さてどんなシャンソンにしっくりとあてはまるのか?
次のひらめきが楽しみだ。


宝塚ホテル 宝塚ホテル


地域:芦屋・宝塚・三田・篠山

特色:全室 高速LAN(無料)・液晶テレビ・空気清浄機を完備。ビジネス・レジャーにぜひどうぞ!

楽天トラベルで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立ち話

立ち話

5月博品館での深緑先生の追悼公演で歌う
立ち話
の衣装は赤いドレスに決まった。
先日のリハーサルの日に
安奈淳さんが持って来て下さったドレスだ。
もともと安奈さんに憧れて宝塚に入った私だけれど
その憧れの安奈さんとは沢山の先輩の中でも不思議と御縁が深く
公私共に気にかけて頂き
本当に感謝。
幸せなことだと思う。

その赤いドレスを着て歌う
立ち話
はニコレッタがサラリとが歌っていた流行歌っぽいシャンソンで
軽いbossa novaのリズムをベースに感じつつ
しっかりとドラマを表現しなければならないので
そのバランス加減が難しい。
以前、音楽はかけ算だよ
と言ってたギタリストの言葉をふと思い出した。
裏腹な花言葉を持つ芝桜の鮮やかなピンクと深紅のバラのようなドレスの色を掛け合わせて
主人公の女性のイメージをふくらませようと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

芝桜

芝桜

散歩の途中に見つけた鮮やかに咲く芝桜。
花言葉を調べてみると
合意・忍耐の他に
燃える恋・華やかな姿
そしてもうひとつ
臆病な心…
けれど裏腹な意味を合わせ持つその複雑な内面を隠すように
姿は可憐で鮮やか。
ちょうど5月のコンサートで歌う
「立ち話」
に登場するヒロインのようだと思った。
裏腹な心情を精一杯表現しなくては!
明日はリハーサルだ頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)